« '10.10.23 緑地にて・・・トラツグミ・ヤマガラ・キビタキ・オオタカ幼鳥? | トップページ | '10.10.29 ザハトラーFSB8についてのKY »

'10.10.24 尾張の田圃にて・・・コミミズク

昨日のノゴマの再挑戦と出かけた。早朝誰もいない時間に着いて様子を見たがノゴマの気配はなく、藪には猫が・・・最悪だ^_^; 早々に切り上げてコミミズクが出没すると噂の田圃へ向った。

到着すると8名程のカメラマンが広い田圃に点々と散らばっている←コミミがいない様子だ。カメラを三脚にセットして歩き出すと、先輩鳥友に出会う。一緒に探すも、この広大な景色の中から一羽の鳥・しかも夜行性で昼間は動きがないと来ていては・・・気が遠くなりそう(^_^;)

でも、良く見るといろんな草や木にノビタキがとまっていたり何だか楽しそう(^^♪ 遠くに2羽ノビタキと思ってシャッターを切ったが拡大すると・・・ホオアカ?

1024
Kさんに背を向けてお喋りしていると突然 「あれは何!」 振り返ると100m程向こうの田圃に鳥らしき塊が確認出来る。すぐにカメラを向け確認すると・・・

1024_2
何といつの間にかコミミズクがそこにいるではないか! 何と言う幸運!! Kさん、有りがとう!!! が、喜びは一瞬だった。ちょっと移動すると窪みに隠れてしまった、原因はハクセキレイ(ーー゛)

1024_3
コミミを取り囲んで威嚇している。セキレイは気が強くて縄張り意識も鳥一倍なのだ。徐々に数も増える。

1024_4
やがて、コミミが動こうとしないのに業を煮やして飛び去った。我々は近くの人にも居所を伝えて反対側に移動した。
こちらからも、肉眼では殆ど認識出来ない。距離は70-80mか?

1024_5
この時点で11時、、、、、、、5時間半後の画像がこれ! ISO1250・AV5.6・SS1/125

1024_6
途中、雨も降り出してバックなどもずぶ濡れになり身体も冷え、体力・気力の限界、また良い条件で出会える事を願って家路に着いた。

« '10.10.23 緑地にて・・・トラツグミ・ヤマガラ・キビタキ・オオタカ幼鳥? | トップページ | '10.10.29 ザハトラーFSB8についてのKY »

コミミズク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '10.10.24 尾張の田圃にて・・・コミミズク:

« '10.10.23 緑地にて・・・トラツグミ・ヤマガラ・キビタキ・オオタカ幼鳥? | トップページ | '10.10.29 ザハトラーFSB8についてのKY »

カテゴリー

無料ブログはココログ