サンコウチョウ

2014.5.24 サンコウチョウ

喧騒を離れて森へ

ビックリする程長い尾を持つサンコウチョウが(他の鳥と比べてではなく他のサンコウチョウと比べて)出迎えてくれた。

2014524sankouchou2

2014524sankouchou3

2014524sankouchou1

'13.7.2 長~い尾を持つ

前日はツミを探しに出かけたが 「孵化後に放棄」 らしいsweat02

気を取り直して赤い鳥に会いに行くも不発。一枚だけシャッターを切ったのは

0702sankouchou1

見事な尾を持つ気性の激しい♂君でした。

飛ぶとこんな感じ…ISO:1600 F:5.6 SS:1/125 なので酷い写真ですが

0702sankouchou2

'13.6.15 サンコウチョウ

尻尾の短いが寄ってきました

0614sankouchou1

0614sankouchou2

'13.5.10 サンコウチョウ

静かな森にサンコウチョウ

打上げがきつく頭でっかち

0510sankouchou1_2

0510sankouchou2_2

枝が太くて残念

0510sankouchou3

口の中も真っ青

0510sankouchou5

'12.5.26 またしても君だけなのか・・・

1週間、仕事をしながら考えた作戦は・・・ただただ希望と目標を持ってひたすら通い続ける事、それ以外ないよねえ^_^;

この日は3回程姿を見、何度も声を聞いたけど記録は網膜の裏に納めて終わった。成果はないがこの子なら幾らでもモデルになってくれる。

0526sannkouchou1

数つがいが営巣に入ったのか先週よりは撮り難くなっては来た。

興奮してか、冠羽を立てて囀る♂

0526sannkouchou2

巣も幾つかは見られたがそこはそっとしといてあげよう。

'12.5.20 ちょっと胸が高鳴ったが・・・

前日は全くの徒労に終わり疲れも残っていたが、3時に目覚めまた森へ

遠くで啼きあう声はするが近付く気配もなく、この子に遊んでもらっていた。

0520sannkouchou1

0520sannkouchou2

0520sannkouchou3

予定の2時を過ぎ帰ろうとしたその時、右手100m程であの鳥の啼き声が・・・続いて左遠くでもう1羽が啼く。右の声が間近で聞こえ出し、今度は背後に回る。すぐ傍で啼くが姿は木の後ろか見る事が出来ない。と、頭上を飛び去る姿が・・・遠ざかってしまった、残念!

帰り支度を始めると今度は聞き慣れない声が頭上で聞こえる。もしやと口笛で鳴き真似をするとあの声に変わった・・・○○○チョウ

712.5.13 静かな森で・・・サンコウチョウ

この鳥が視界に3羽も飛び回っているなんて、初めて見ました。

日曜日だというのに誰もいない静かな森にサンコウチョウ・クロツグミ・○○○○○○○の声が同時に聞こえてくる、楽園ですね。

0513sannkouchou2

0513sannkouchou1

0513sannkouchou3

'11.6.30 サンコウチョウ

一日だけ時間が出来たので渓谷にサンコウチョウを撮りに出掛けた。そこでは静かな森の中、すでにサンコウチョウの声が響き渡っていた。カメラマンは先客がお一人だけで一緒に姿を見せてくれるのをそっとまっていた。

すぐに囀りが真近に聞こえ出し、頭上5m程の枝にとまった。嘴には雛に運んでいるであろう蜂or蛾らしき昆虫を咥えている。

0630sankouchou1

0630sankouchou3
やがて向きを変えて飛び去った。

0630sankouchou2
この後は次第に人が多くなり、これ以上近くに来る事は一度もなかった。早起きは・・・ネッ! 

'11.5.21 岐阜にて・・・サンコウチョウ

今年もいつもの森にサンコウチョウがやって来て巣作りを始めた。

♀が顔にクモの糸を巻いて戻って来た
0521
巣にクモの糸を巻きつけるとすぐに巣材を探しに飛び立つ
05212
05213
今度はコケを咥えて戻ってきた
05215

大トリでアップ、コケとクモの糸で巣を作って行く
05214
この日は♀のみが巣を作っていたが、巣材を運んでは囀って♂を呼んでいるように思えたのだが♂は巣に近付く事はなかった。15時頃に細い樹皮を咥えているのを撮影してこの日の最後とした。
05216

'11.5.8 東の森で・・・サンコウチョウ

友人の情報でサンコウチョウの良い写真を撮られたとの事で早速西三河南部の山間の森へ鳥友さんと出かけた。この友との散策はいつも坊主覚悟の探検隊なのである意味気楽に行ける。かなり年長の自分を気遣いフォローしてくれる良き友との撮影を今日も楽しんだ。

6時過ぎに現地に着くと駐車場で偶然にここでの情報を頂いた鳥友さんと出会い、3人で坂道を登ると森の奥から早速「ホイ・ホイ・ホイ」が聞こえてきた。

しかし、サンコウチョウの姿は見られないまま1時間以上が過ぎた後、杉林を渡り飛ぶ姿を確認。が、例によって枝被り多数で撮影は無理・・・その後も待つ事しばし、やっと抜けた空間に姿を見せた数秒間がこの日の全てだった。

本年初撮りのサンコウチョウ、この光なら良いのだが・・・

0508
反対側の東の林では

0508_2
逆光で光る背景で露出は困難を極める、しかし、姿を見れただけでも十分?な感もある。

飛び出し

05082
05083
050822

その他のカテゴリー

アオゲラ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカゲラ | アカショウビン | アジサシ・コアジサシ | アトリ | イカル | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | エゾビタキ | エナガ | エリマキシギ | オオコノハズク | オオジュリン | オオタカ | オオマシコ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オシドリ | オジロビタキ | オナガ | オーディオ | カイツブリ | カケス | カシラダカ | カッコウ | カメラ機材 | カモメ | カヤクグリ | カラ類(シジュウカラ・ヤマガラ・コガラ・・・) | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キンクロハジロ | ギンヤンマ | クマタカ | クロジ | クロツグミ | クロハラアジサシ | ケリ | コガラ | コゲラ | コサメビタキ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サギ類(アオサギ・コサギ・ダイサギ・・) | サンコウチョウ | シメ | ジョウビタキ | スズメ | セイタカシギ | セキレイ | ソウシチョウ | タカ・ワシ | タゲリ | タシギ | タマシギ | チュウサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツグミ類(ツグミ・トラ・クロ・アカハラ・シロハラ) | ツバメ類 | ツミ | トケン類(ツツドリ・カッコウ・ホトトギス) | トビ | トラツグミ | ニューナイスズメ | ノゴマ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハチジョウツグミ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | パソコン・インターネット | ヒガラ | ヒクイナ | ヒヨドリ | フクロウ | ブッポウソウ | ベニマシコ | ホオアカ | ホオジロ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | マヒワ | マミジロ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミヤマホオジロ | ムクドリ・コムクドリ | ムシクイ類 | ムナグロ | メジロ | メボソムシクイ | モズ | モモンガ | ヤブサメ | ユリカモメ | ヨタカ | ルリビタキ | レンカク | レンジャク | 住まい・インテリア | 写真-花 | 写真-風景・スナップ | 写真-鳥 | 愛車 A4 allroad quattro | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき

カテゴリー

無料ブログはココログ