アオバズク

'13.7.19 アオバズク親子

小さなお寺の川沿いの木にアオバズク一家がいました。

0719aobazuku4

0719aobazuku3

お得意の首回しは中途半端

0719aobazuku5

突然飛んでセミを掴んだお母さん?

0719aobazuku1

食べちゃいました~

0719aobazuku2_2

'12.7.22 アオバズク

EF500f4 + x1.4 ISO:1600 TV:1/25  AV:7.1 NRなし トリミングなし0722aobazuku9

大トリミングNRなし  トリミングでノイズが拡大された・・・これだけやれば当然だね

0722aobazuku7

NRあり(NeatImage プロ版)

0722aobazuku8

この程度ならディテールも残っているので使えるかな?




'12.7.22 巣立ち雛・・・アオバズク

天気は霧雨、とまった場所も空バックで苦しいシーンでした。

雛は2羽で身を寄せ合ってくっ付いていました。

0722aobazuku3

首は全方向回転式です。

0722aobazuku1


0722aobazuku2



'10.7.18 橋に棲む・・・アオバズク

日曜日の朝、池でA氏と待ち合わせて、高原へ鳥さんの探索に出かけた。途中、小さな橋のトラスに巣を作るアオバズクを身に寄る。
ここには超悪顔のオスがいる。

橋に入ると、顔見知りのYさんがすでに撮影中だったので暫く一緒に撮った。

まずは、クリクリの目が愛らしいメスが頭上にとまっている。

0718
07182
こちらがその♂、眉がハッキリと白い。

0718_2

オオ、コワッ!

07184_2

'10.7.17 アオバズクの一家

カワセミのハス止まり、鳥友の皆さんの ”赤い鳥” 遠征と気になる事はたくさんあれど、何度も覗きに行ったアオバズクの雛の動向が気になりAさんと共に西へ向かう。

早速目に入ったのは、雛。

0717
巣の中を上下していた。先週は見れなかったが、無事に孵化したようだ・・・が、とても孵化したてには見えないのがアオバズクだ。フクロウなどと違い既に親と同じ体色をしている。

0717_2
真ん丸い目で外界を眺めている。母鳥はすぐ横の枝で見守りながら転寝中。3週間も巣に篭って卵を抱いていたのだ・・・お疲れ様!

0717_3
反対側ではいつになく険しい表情のパパさんが見守っている。

07177
雛は色んな動きをしながら巣穴を行ったりきたり。

0717_4
0717_5

時々、羽を広げる練習もしている。

0717_7
眠くなると、縫い目のはっきりした下瞼が上に上がってくる。

0717_8
3時間程の観察だったが、どうも奥に別の雛がいる気配はないので今回は一人っ子かも知れない。可愛い雛が並んで首を傾げる姿を見たかったので少し残念だが、この子が元気に巣立ってくれる事を願ってやまない。

元気で、アオバズク一家!!

'10.7.10 某所にて・・・またまたアオバズク

雨続きの中、土曜日に晴れ! なのに池でグダグダしてあちこち行きたいところがあるのに行きそびれてしまった(-_-;)

そんな事でまたアオバズクに会いに行く事にした。同行は先輩鳥友のFさん、Sさん。

まずはこの子

0710
続いて

0710_2
上の2固体、かなり顔つきが違うようだ。勿論、僕個人は自分に似ている下の子が好きです(^_-)

双方ともに大切な伴侶を守っているのかな?

夕方池へ戻ると久々にカワセミ君が来ているが、ハスにとまる事はなかった。
しかし、この頭の擦り切れ方の意味するものは・・・

0710_4

'10.7.4 某所にて・・・アオバズク(ウェ!足、クサー編)

端正な面持ちで家族を守っていた愛すべき夫君が突然壊れた!

以下はexifの通り連写中の出来事である。
じっとこちらを見つめている。

0704_2 
突然モゾモゾしだして

0704_3
自分の足の臭いを嗅ぐと

0704_4
ウットリと酔いしれていたが

0704_7

あまりの臭さにビックリして顔をゆがめて

0704_5
泣き出しそうになるのをこらえて

0704_6

0704_8
何とか平静を装うのだった。

0704_9
しかし彼の表情から、これを連想したのは私だけではないはずだ!

0704et

2010.7.4 某所にて・・・アオバズク(おすまし編) 

ツミの撮影中に、「サンコウチョウを撮りに行くよ」とお誘いを受けて待ち合わせるも時間が合わずパソコンの部品を買ってから、かねてより会いに行きたかったアオバズク君を訪ねた。

実は、サンコウチョウは一昨日・昨日と続けて通ったがほぼ坊主だったのだ。

目的地に到着すると、先客がお一人・・・「居ます?」と尋ねると「あそこ」と教えてくれた。

0704
おお、すぐそこにいた!

なかなか男前だ。

0704_2
0704_3
0704_4

その他のカテゴリー

アオゲラ アオジ アオバズク アオバト アカゲラ アカショウビン アジサシ・コアジサシ アトリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウズラシギ ウソ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオコノハズク オオジュリン オオタカ オオマシコ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オシドリ オジロビタキ オナガ オーディオ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カメラ機材 カモメ カヤクグリ カラ類(シジュウカラ・ヤマガラ・コガラ・・・) カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キンクロハジロ ギンヤンマ クマタカ クロジ クロツグミ クロハラアジサシ ケリ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コマドリ コミミズク コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サギ類(アオサギ・コサギ・ダイサギ・・) サンコウチョウ シメ ジョウビタキ スズメ セイタカシギ セキレイ ソウシチョウ タカ・ワシ タゲリ タシギ タマシギ チュウサギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ類(ツグミ・トラ・クロ・アカハラ・シロハラ) ツバメ類 ツミ トケン類(ツツドリ・カッコウ・ホトトギス) トビ トラツグミ ニューナイスズメ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハチジョウツグミ ハヤブサ ハリオアマツバメ バン パソコン・インターネット ヒガラ ヒクイナ ヒヨドリ フクロウ ブッポウソウ ベニマシコ ホオアカ ホオジロ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤマホオジロ ムクドリ・コムクドリ ムシクイ類 ムナグロ メジロ メボソムシクイ モズ モモンガ ヤブサメ ユリカモメ ヨシゴイ ヨタカ ルリビタキ レンカク レンジャク 住まい・インテリア 写真-花 写真-風景・スナップ 写真-鳥 愛車 A4 allroad quattro 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 飛行機

カテゴリー

無料ブログはココログ