ノスリ

2014.1.10 ノスリがカモを?

田圃でノスリがカラスに奪われまいと獲物を押さえ込んでいた

2014110nosuri2
カラスが去って

2014110nosuri3
食べ始めた獲物はカモ! ノスリが自分で仕留めたとは思えないのでオオタカのエサでも横取りしたのか??

上空からトビが狙うと必死でエサを隠す

2014110nosuri1
このエサの本当の持ち主は不明なままノスリが平らげてしまった。

'13.12.8 ノスリ

信州の山をバックに

1208nosuri1_2

'13.11.2 ハイタカ・ノスリ

ベニマシコの出待ちの間に上空を舞ったノスリとハイタカ

紅葉林の上を飛ぶノスリ

1201nosuri1
1201nosuri2
ハイタカ

1201ootaka2
1201ootaka1
オオタカの若も飛んでいたがあまり良い写真じゃなかったので転載せず。

'13.5.4 ちょっと上を飛んだだけなのに ノスリVSハヤブサ

ノスリがノンビリとハヤブサの巣の上空を飛んでいた。

0504hayabusa14

でもハヤブサの逆鱗に触れてしまったようで、♂が急上昇~急降下爆撃
ノスリは慌てて避けていました

0504hayabusa12_2

0504hayabusa13

下では♀が大声で応援歌を囀り始めました。

'12.12.9 ノスリ

ノスリと言えばこの辺りでは電柱どまりが多いが、この子は雄大に大空でホバリングしながらゆっくり飛んでいます。

遠くでホバ、強風の中で上手に静止しています。

1209nosuri4

雲がいい感じです。

1209nosuri1

1209nosuri2

1209nosuri23

'12.12.4 ノンビリしてたのは・・・ノスリ

冷たい風が吹き抜けて寒い1日でした。

青空バックに電線どまり、最悪な絵面ですが近かった^_^;
7D+EF300f2.8LⅡ+X1.4エクステⅢ

0204nosuri2

何かが気になるご様子

0204nosuri3

この後はお決まりのカラスに追われて・・・

'12.1.28 オオタカ若が怖れたのは・・・ノスリ

オオタカの若が気にしていたのは50m~100mの距離にある電柱にとまっていたノスリ。
食事中のオオタカの方は全く見ずにカラスに追われて視界から消えては現われを繰り返す。

0128ootaka14
オオタカはノスリが視界に入ると、食事を中断し固まってしまうので撮影時間は1時間30分・・・こちらも疲れて来た、と、突然オオタカの様子が変わる。

0128ootaka7_2
0128ootaka6_2

左方向へ逃げ出した。ファインダーを覗く自分には状況は見えないが推測は出来る。
0128ootaka8
カメラはオオタカを追わずに構わず連写を続ける・・・2コマ明けて

0128ootaka9

やっぱりノスリが急襲して来たのだ! 先日の こんな場面 を想像していたが2羽が同一画面に収まる事はなかったのが残念!! (でもこの大きさじゃ所詮無理)

0.3秒位あとの画像ではノスリはハトを横取りする事無く飛び立ったので単に縄張りの主張行為だったのか・・・飛び立とうとする態勢のノスリ

0128ootaka10
90分間の出来事だったが、またまた厳しい生存競争に出くわした。

'12. 1.1 新年ですが '11.12.30 のタカでも・・・

新年を迎えて皆様のご多幸をお祈りいたします。また、本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年姉が他界したためご挨拶はこれ位に控えさせて頂きます。

さて、年末からシャッターチャンスにも恵まれず遠い・ブレの写真ばかりですが、新年は縁起物のタカにてスタートです。

12/30は強風でチュウヒはゆっくりと風に向って流れて行った。

1226
12262
ノスリはほぼ静止状態でホバリングを繰り返し4,50mの高度に数分間浮かんでいたがやがて草原に降下して低空を飛びながら風上に消えて行った。

1226_2
12262_2
ハイイロチュウヒは小さな範囲を旋回し、地上に降りた後は飛び上がる事はなかった。
1226_3

'11.9.23 濃尾平野を一望・・・秋の渡りは

台風が抜けて二日経ち快晴の中、朝は田圃へ行くが何もいないのは昨日と同じ。そこで濃尾平野を一望出来る標高450mの公園であわよくばタカの渡りが見れないかと行ったが・・・

すぐに正面下よりこちらへ向う2羽の姿が

ノスリかぁ!

09232_2
徐々に近付くが、やっぱりノスリかぁぁ

0923
この後、養老山地南端で5羽のタカ柱、いやタカ缶詰程度と池田山の方向にハチクマが3羽・2羽・2羽と見られたが遠くて写真もアップ出来るものはなく低調だったが、久しぶりの快晴の中で心地よいタカ見だった。

おまけで黄色と赤いのも撮って見た。

0923sesuna1
0923heri1

'11.2.13 隣町の森にて・・・オオタカ・ノスリ・ミサゴ

マヒワの群が遠ざかったのですぐ下の田圃へ降りた。
ジョウビタキやルリビタキの姿は見えない。が森の奥で声は聞こえる。

突然後方から飛んだのはミサゴ、獲物を掴んでいるがS川から持ってきて食べていたのようで半身だ。

0213
風にのって旋回しながら上昇するのはオオタカ、気持ちよさそうだ。300mはあろうか? 大トリミングで

0213_2
合間にピントチェックでツグミを・・・ノートリ・15m・エクステ・開放でこの程度写れば良しとしよう。調整結果はマアマアってところか。

0213_3
続いて森の木々の合間からズングリしたノスリの登場

0213_4

すぐ横をもう1羽が舞っていたが、ファインダーには入らない。
02132
後方にはコイツらが・・・ノートリ

02133_2
02134
この光景、森の間の田圃で・森の木々の間の空で4時間で4回目撃した。双方お疲れ様、ノスリは慌てず騒がずゆっくりとカラスどもを従えて飛んでいた。

その他のカテゴリー

アオゲラ アオジ アオバズク アオバト アカゲラ アカショウビン アジサシ・コアジサシ アトリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウズラシギ ウソ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオコノハズク オオジュリン オオタカ オオマシコ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オシドリ オジロビタキ オナガ オーディオ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カメラ機材 カモメ カヤクグリ カラ類(シジュウカラ・ヤマガラ・コガラ・・・) カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キンクロハジロ ギンヤンマ クマタカ クロジ クロツグミ クロハラアジサシ ケリ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コマドリ コミミズク コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サギ類(アオサギ・コサギ・ダイサギ・・) サンコウチョウ シメ ジョウビタキ スズメ セイタカシギ セキレイ ソウシチョウ タカ・ワシ タゲリ タシギ タマシギ チュウサギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ類(ツグミ・トラ・クロ・アカハラ・シロハラ) ツバメ類 ツミ トケン類(ツツドリ・カッコウ・ホトトギス) トビ トラツグミ ニューナイスズメ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハチジョウツグミ ハヤブサ ハリオアマツバメ バン パソコン・インターネット ヒガラ ヒクイナ ヒヨドリ フクロウ ブッポウソウ ベニマシコ ホオアカ ホオジロ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤマホオジロ ムクドリ・コムクドリ ムシクイ類 ムナグロ メジロ メボソムシクイ モズ モモンガ ヤブサメ ユリカモメ ヨシゴイ ヨタカ ルリビタキ レンカク レンジャク 住まい・インテリア 写真-花 写真-風景・スナップ 写真-鳥 愛車 A4 allroad quattro 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 飛行機

カテゴリー

無料ブログはココログ